• Linuxのインストール
    • Ctrl + alt + del =>再起動
    • SELinux->disable (/etc/selinux/config)
      • kdumpの無効化
      • /etc/sysconfig/network->script/ifcfg-enpisis 一番下yes
      • ifup ifofg - enp3so
      • ip a
  • shutdown -h non
  • Javascript : オブジェクトコンテキストが固定
  • Java : オブジェクト指向
  • sedコマンドで覚えておきたい使い方21選
t t
sed 's/置換前文字列/置換後文字列/g' ファイルPATH ファイル内容置換
コマンド | sed 's/置換前文字列/置換後文字列/g' 標準出力内容置換
sed '○s/置換前文字列/置換後文字列/g' ○行目にある特定文字列置換
sed '○,○s/置換前文字列/置換後文字列/g' ○~○行目の特定文字列置換
sed '/検索条件/s/置換前文字列/置換後文字列/g' 検索条件を含む行に対して文字列置換
sed 's/置換前文字列/置換後文字列/何文字目' 何番目に表示された文字列に対して置換
sed ○i 挿入する行 ○行目に挿入する行を挿入
sed ○a 挿入する行 ○行目の後ろに挿入する行を挿入
sed ○, ○{i or a} 挿入する行 ○~○行目の後ろに挿入する行を挿入
sed /キーワード/{i or a} 挿入する行 キーワードを指定してその行の前後に行を挿入する
sed '追記する行の条件r ファイルPATH' 対象ファイル
コマンド | sed '追記する行の条件r /dev/stdin' 対象ファイル 行を読み込んで対象ファイルに追記
sed '○d' ○行目を削除する
sed '/キーワード/d' 対象 対象の特定キーワードを削除
sed '○c 置き換えの行' 指定した行の内容を上書き
sed '/キーワード/c 置き換えの行' キーワードを持つ行の内容を上書き
sed -i {置換条件} 対象ファイル 対象ファイルに置換内容を上書き
sed '置換条件;置換条件' 対象ファイルに置換内容を上書き複数条件
sed -f 'スクリプトファイルPATH' 'スクリプトファイル'に記述した置換条件を適用
sed 's/(.*)/\U\1/' 小文字->大文字
sed 's/(.*)/\L\1/' 大文字->小文字
sed -n '行の条件p' 対象ファイル 指定した条件の行を出力
  • KVMについて
    • 仮想的な環境で複数のOSを並列に動作させられるようにする
    • ハードウェアの上で直接仮想マシンが動く
    • ハイパーバイザ/仮想マシンモニタ
    • 仮想化専用のOS上の全て仮想化マシンを動かす
    • KVMのゲストOSは早一のユーザプロセス
    • ゲストOSからのリソース要求は/dev/kvm
    • キャラクタデバイス経由、全てのアクセスがカーネルからチェック
    • Linuxカーネルの一部として標準搭載
      • 条件1 : 仮想化支援機能を搭載したプロセッサ
      • 条件2:プロセッサの仮想環境支援機能に対応したBIOSを持つマザーボード
      • ホストOS,ゲストOSを実行するために十分な容量のシステムメモリ
    • 構成するソフトウェア
      • Linuxカーネルモジュール
      • qemu-kvm
    • virsh - virtual shell
t t t t
$virsh list ドメインの一覧 $virsh define ドメインの登録
$virsh undefine ドメインの削除 $virsh start ドメインの起動
$virsh console ゲストコンソールへの接続 $virsh shutdown ドメインの終了
$virsh destroy ドメインの強制終了 $virsh save domain file ドメインの保持
$virsh restore 復元 $virsh net -start 停止状態のネットワークの起動
$virsh snapshot 引数のスナップショットを取得 $virsh pool
$virsh suspend ドメインの一時停止 $virsh exit/quit ターミナルを閉じる
$virsh restart ドメインの再開 $virsh attach interface ネットワークに接続
  • KISSの原則
  • 文字化けを考慮してコメントなどは木骨以後で書くべき
  • もしデバッグしてもよくわからないことがある場合、さらに細分化して挙動を一つ一つ確認していくのが良い
  • プログラムを作るときに一番難しいのは変数名を作ること
  • ファイルの上側に必ず「何のファイル化」の説明コメントを入れる